おでこ ニキビ

20代以降からのおでこニキビの原因について

おでこなどのTゾーンのニキビは、特に思春期には発生しやすいニキビです。ですが、大人になってからも、おでこにはニキビはできます。大きな原因としては、古い角質や角栓の毛穴詰まりにより炎症を起こすことでニキビができてしまいます。

 

ただ、大人になってからのニキビは思春期のニキビとは違ってちょっと厄介なことが絡んでいて、思春期の場合だと、ただ単純に皮脂が多く分泌されることによるものですが、20代からのニキビや吹き出物には別の要因があり、ストレスや生活習慣などでターンオーバーが乱れてしまうことが大きな要因です。

 

このターンオーバーの乱れを正常に戻すことが20代以降のニキビのケアには重要になってきます。

 

また、大人になってからもおでこに吹き出物ができやすいのは、シャンプーやコンディショナー、整髪料なども大きく関わってきています。さらには、ヘアスタイルも関係しているとも言われることも。生え際に近い吹き出物(ニキビ)であれば、洗顔料の成分が残っていてそれが原因でニキビができるというパターンも考えられます。

 

ニキビの発生に洗顔料が関わっているようであれば、成分的にも刺激の低い石けんを使うようにすると良いです。それも、顔に直接擦りつけたりはしないで、水を加えてから、よく泡立てて使うようにします。洗顔料をよく泡立てて使用したら、キレイな水ですすぎ残しがないように洗い流します。洗顔後は、泡が生え際に残っていないか鏡でチェックしてみるといいでしょう。

 

メイクをどう頑張っても目立つ場所に吹き出物があっては台なしですよね。それに、髪の毛で隠そうと頑張ってみても髪の毛に触れることでニキビが悪化してしまいます。そのため、大人になってからのニキビには根本的な改善が必要になってくるのです。

おでこのニキビが気になるときに選びたいシャンプー成分

美しい髪の毛を保つためには、シャンプーやコンディショナー、それにトリートメントなどはb必要なものです。そんな美髪を維持するケアアイテムが、おでこニキビを悪化する要因にもなることがあります。

 

シャンプーやコンディショナーなどは、髪の毛を美しく保つためには必要なものですが、顔や身体の皮膚には余計な成分も多いのです。けれど、洗い流す時にどうしても顔や身体の肌を通過してしまいます。この時にシャンプーの成分が皮膚に残ることで、皮膚の毛穴が塞がれてしまい吹き出物ができやすい状態になってしまうのです。

 

そのため、バスタイムでは洗う順番にも気をつけてみるといいでしょう。最初に髪の毛を洗ってから今度は顔を洗い、最後に身体を洗うようにします。順番を変えただけではありますが、顔の肌には使用したシャンプー剤やトリートメント成分が残りにくくなります。

 

あと、使用するシャンプー剤の成分にも気をつけてみてください。肌に優しい物を選ぶなら低刺激なノンシリコン配合のシャンプーがいいでしょう。アミノ酸シャンプーや、石鹸がベースのシャンプーも良いです。

 

ヘアスタイルをキープする整髪料は、髪につけるときに地肌にまで付けないように気をつけることです。頭皮にとっては刺激が強くなります。接触刺激も原因となりますから、髪の毛は肌に触れさせないようなヘアスタイルをすることも、ニキビを予防して改善するための方法となります。

ニキビケアに栄養管理が必要です。脂質や糖質を多く含んでいる物を摂取し過ぎることはニキビの一因になります。チョコレートは脂質も糖質も多いので、それ程食べ過ぎないようにした方がいいです。カカオの含有確率が高くて糖質の少ない物はお肌にも良い効果があるので、とても食べたい時には成分表を考慮にいれましょう。ニキビというのは、若い子たちが使う言葉で、20歳以上になるとニキビではなく吹き出物といわなければならないなんて言われることが多いです。先日、珍しく鼻の頭に大きなニキビが現れたので、主人に、「ニキビ作っちゃった」というと、笑いながら、「もうニキビなんていう歳じゃないのに?」と、バカにされました。繰り返しニキビができてしまう場合は、単に一般的なニキビケアをするのではなく、どうしてニキビが繰り返されるのかという理由を知った上でのケアが見つけなければなりません。慢性的なニキビの原因として、ホルモンバランスや食習慣が乱れていたり、合わない化粧品を使うことによって肌が荒れてしまっている等、色々な原因があります。繰り返されるニキビの根本的な原因を知った上で、あなたに一番合ったケアをしましょう。ヨーグルトがニキビには良くないと言われていたり、その逆で良いと言われたりしますが、このような情報の真偽というものは明らかではありません。一つの食品だけにこだわるのではなく、常日頃からバランスのとれた食事を心がけてさえいれば、ニキビの防止に繋がると考えています。ニキビを気にしているからといって顔ばかり洗い過ぎると、実際には必要な油脂まで落としてしまい、かえって逆効果になります。どれだけ多くても顔を洗う回数は一日二度までにしておきましょう。大事なことはしっかりと洗顔料を泡立て、直接肌に手を触れさせずに、あくまで泡で洗顔を行うこと、顔を洗い終えたらすぐに保湿を行うことです。

更新履歴